最新記事
カテゴリ
プロフィール

ぴんくたぴおか

Author:ぴんくたぴおか
コロニーサイド30へようこそ!
住人のP.たぴおかです。

休日は家でのんびりゴロゴロが
大好き。

でもたまに旅行にもいってます。

食べるの大好き
旅行大好き
ネコ大好き
タピオカ大好き

そんな方ウェルカムです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「一夢庵風流記」 / 隆慶一郎   女性にもおすすめ

日頃あまり歴史ものは読まない私ですが、これはおもしろかった。

一夢庵風流記 /隆慶一郎/著 [本]
漫画「花の慶次」の原作、第二回柴田錬三郎賞受賞作品です。

前田慶次郎(利益)という人物をご存知でしょうか。

-----以下引用 Wikipedia-----

【前田 利益】
天文2年(1533年)?/天文10年(1541年)? - 慶長10年(1605年)?)/慶長17年(1612年)?

戦国時代の武将であり、慶次郎などの通称を持つ前田利久の養子。

戦国時代末期から江戸時代初期にかけての武将。
瀧川一族の出身、前田利家の義理の甥。

武勇に優れ、古今典籍にも通じた文武両道の将。
奇矯な振る舞いを好むかぶき者(傾奇者・カブキ者)としても知られた。

なお利益に関する資料の多くが後世、江戸中期以降に作られた逸話集によるもの。
当時の一次史料はほとんど存在しない。事跡に不明な点が多い。

---------------------------

と実在はしていますが、逸話が残るのみの実に謎の人物です。

この作者である隆慶一郎はその謎の魅力に惹かれ、彼の足跡を辿りながらこの時代小説を執筆しました。

戦国時代の世を「傾奇者」として自由奔放に生きる1人の男。
いつでも派手な格好・立ち振る舞い。
武術に優れ、尚且つ知性もある。

言いたいことは目上の者にも恐れず気転をきかせてズバリといい、そして爽やかに去っていく。
その性格・度量のため直江兼続とも無二の親友、そして多くの武将からも一目置かれている。

いい意味でも悪い意味でも「食えないやつ」ではあるものの、「お前のように生きられたら・・・・」とどんな男でもそう思ってしまう。

男のロマンですね。
女性から見てもとても素敵な男です。

その魅力を余すことなく表現し、軽快な文章で描かれています。
読み終えた後、なんだかすがすがしい爽やかな気分になりました。

一度読んでみてもらいたい一冊です。

一夢庵風流記 /隆慶一郎/著 [本]

ブログランキング中!クリックお願いします→
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

ブログ内検索
サイド30旅行者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。